ホーム > スポンサー広告 > 彼女のご奉仕を受けて口の中に放射ホーム > AV女優 > 彼女のご奉仕を受けて口の中に放射

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女のご奉仕を受けて口の中に放射

目の前の彼女は、以前よりも上手になった舌使いで僕の胸を舐め始めました。
ベッドの上で二人きり。二人とも下着姿です。
僕は仰向けでベッドに横たわり、彼女のご奉仕を受けています。
彼女は僕の胸をペロペロと円を描くように舐めまわし、そのあとはチューチューと吸い付いてきました。
左を舐めまわしたら、今度は右にしゃぶりつき、何度も交互に吸い付かれ、くすぐったくて気持ちがいいです。
時々、上目遣いでこちらを見る彼女と目が合い、そのたびに目をそらしたくなるような恥ずかしい気持ちになりました。

いつの間にか僕の股に彼女の手が伸びており、触られていました。
サワサワ…。サワサワ…。
「気持ちいいでしょう?」と得意げな表情の彼女。確かに気持ちいいです。
最初はゆっくりとした手つきで僕のモノを揉みほぐしていましたが、そのうちパンツの上から僕のモノを舐め始め、わざとパンツにシミをつけているかのようでした。

やがて彼女の手によってパンツが下ろされ、僕のモノを今にも咥えようと迫ってきます。
最初は舐める真似だけされて焦らされました。いつの間にそんなテクニックを覚えたのでしょうね。
ちょっといじわるをして小悪魔のようにコロコロと笑う彼女。
でも、次の瞬間にはモノをパクッと咥えてしまい、思わず声が漏れそうになりました。
ペローンと下から上まで丁寧に舐められ、そのたびにゾクゾクとした快感が全身を走ります。
上目遣いで僕を見ながら、巧みな舌使いでモノをしゃぶり、時々手でしごいてきます。
ちょっとでも声をあげようものなら、にっこりと彼女が笑うため、なんだか悔しくて迂闊に声も出せません。
しかし、ジュボジュボと音を立ててモノにしゃぶりつかれ、上下運動はどんどん激しくなっていき、手のひねりも加わって、いよいよ我慢できなくなってくる。
その後はさきっちょを徹底的に責められ、最後はさきっちょ舐めに加えて手でのしごき。たまらず彼女の口の中にどっくどっくと放射してしまいました。
放射の時、一瞬だけ彼女の顔が苦しそうな表情になったのを見逃さないです。この表情がたまりません。
溢れ出てきた液体状の物質を愛おしそうに口の中に含んで転がしています。
ごっくんとそれを飲み干すと、気持ちよかったか聞きたそうな様子でニコニコしていました。
関連記事
検索フォーム
プロフィール

hdougamuryou

Author:hdougamuryou
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
ブログロール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。